pocket

projectについて

カテゴリー

DIY
DIYとは必要なものを自分の力で作りたいひとのための実例集です。
MAKE IT NICE
bibarikiのプロダクト製作プロジェクト。使われなくなった家具や家などのReプロダクトに取り組んでいます。
ワークショップ
ものづくりの楽しさを知ってもらい将来職業を選択する際に、選択肢のひとつになるようにと考えて、小学生を対象としたワークショップを開催しています。世田谷ものづくり学校、川口市立アートギャラリーアトリア、商業施設など、様々な場所で企画を開催しており、ものづくりの楽しさを知ってもらえる機会を提供しています。
インタビュー
展覧会を支える人たち「ものづくりの職人さん」を中心に インタビューをし、その仕事を紹介いたします。
オープンソース
図面や型紙をダウンロードできます。DIYにご活用ください
お知らせ
NEWSをピックアップしてお伝えいたします
装置製作
展覧会の内容によって、木工、内装造作、電気工事、鉄加工、家具製作、プログラミングなど、様々な技術が必要になります。bibarikiでは木工の技術を中心に、より専門的な技術に関してはそれぞれの専門家に依頼することで、クオリティの高い展示を実現しています。近年では展示設営で培ってきた技術を応用し、展示デモ装置の製作も請負っています。
その他
展示設営以外のbibarikiの仕事の紹介です
オープンソース
  • HAKOJI
  • ダンボールでつくるアルファベットのオブジェ“HAKOJI”の「つくり方」と「型紙」をダウンロードできます。アルファベットのサイズはS(高さ約18cm)とM(約30cm)の2タイプをご用意。1アルファベットにつき、SサイズはA4用紙、MサイズはA3用紙をそれぞれ1〜2枚使用します。お子様との工作に、ハンドメイドのインテリアに、ご活用ください。

    つくり方

必要なもの

・ダンボール
・型紙
・カッター、カッターマット
・定規
・木工用ボンド
・カーボン紙、もしくはスプレー糊(貼ってはがせるタイプのもの)
・仮止め用テープ(マスキングテープなど)
・霧吹き(曲線の入った文字を作る場合)
・紙ヤスリ(曲線の入った文字を作る場合)
・金属などおもり(バランスの悪い文字を作る場合)

制作時間

2時間程度(文字の種類によって多少変わります)

1.ダンボールを手に入れたら、型紙をダウンロードして印刷しよう!

八百屋やスーパーで自分好みの柄の段ボールを探してきます。
作りたい文字の型紙をwebサイトからダウンロードします。

2.ダンボールを型紙に当て、文字の輪郭線を写し取ります。

<カーボン紙を使う場合>
型紙を仮止め用テープで固定し、カーボン紙で輪郭線(太い黒線)をなぞります。

<スプレーのりを使う場合>
貼ってはがせるタイプのものを使用し、型紙にスプレーのりを吹いてダンボールに貼付けます。
*スプレーのりを吹く場合は、周りに飛び散らないように不要なダンボール箱の中で吹きます。

3.輪郭線にそって文字を切り出します。

表と裏(反転)を一枚ずつ切り出します。
一度にダンボールの層を全部切ろうとせず、カッターで何度も滑らせて上の層から順番に切っていくと切りやすいです。
*曲線の切り口が毛羽立ってしまった場合、紙ヤスリをかけると美しく仕上がります。
*カッターの切れ味が悪くなったら、こまめに折ることをおすすめします。

4.内側に貼付ける一回り小さい文字を切り出します。

ダンボールの厚みは主に3種類あります。3mmの場合は型紙の赤の点線を、5mmの場合は型紙の青の点線を、8mmの場合は型紙の緑の点線で切り出していきます。
②と③の工程を繰り返し、こちらも表と裏(反転)を一枚ずつ切り出します。

5.3と4の工程でできた文字を張り合わせます。

4を3の輪郭から均等に内側に入るように貼付けます。
*ボンドの塗リすぎに注意!水玉模様を描くように点々とつけます。
*ダンボールが反っていて密着しない場合は仮止め用テープで固定します。

6.側面に貼付けるダンボールを帯状に切っていきます。

切り出す帯の幅
高さ30cmの文字は幅5cm、高さ20cmの文字は幅4cmで切り出します。
曲線の入った文字を作る場合
曲線を美しく仕上げるために、ダンボールの片面をはがしたものを使います。帯状のダンボールの裏側を霧吹きで湿らせ、水が十分に染み込んだらはぎ取って乾燥させます。

7.6を文字の辺にあて、長さを合わせて切り出します。

実際に切り出した文字に合わせて側面のダンボールを切り出します。

8.文字を組み立てて、完成!

貼り合わせた面の段差の部分にボンドを塗り、側面を貼り合わせていきます。
内側から順に貼り、面となる文字をはめ込みます。最後に外側を貼り、組み立て完成です!
*曲線を組み立てる場合、仮止めテープで固定します。
*バランスが悪い文字を作る場合は、底面の内側におもりを貼付けます。

ご紹介した作り方はこちらにA4でまとめられていますので、あわせてご利用ください。

つくり方

Ssize(h18cm)
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z
Msize(h30cm)
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z

Copyright © bibariki all rights reserved.

index
  • 1